Blog TenorCup

ブログ倉庫1(2005/4-2014/10)

ミラノを出て2日目、フランクフルトからいきなりの夜行列車で着いた先はオールデンブルグ(Oldenburg)というドイツの北西の端の小さな町だった.
人気の無い深夜の駅舎を出てすぐのところにあるホテルにチェックイン、不安の中で悶々とした一夜を過ごす.
朝になってほとんどお客のいないホテルのレストランで朝食をすませ、さっそく劇場の場所を教えてもらって出かける.オーディションを前にしてあまり周りのよく見える状態ではなかったが今でも憶えているのは、小さいがとても小奇麗な街で、石畳と町並みの壁がとても清潔そうだった.
教えられた通りの道を行き街の中心を抜けると信号にぶつかりその先にはこんもりとした緑が広がっていた.中世風なお城のような建物が2,3点在し、美しい池の水と緑ががそれらを囲んでいた.
その中の一番大きくて真っ白なお城のような建物が劇場だと教えられてびっくり.「オールデンブルグ国立劇場」( Oldengurgishes StaatsTheater)といって町や市、州立でもなく国立の劇場なのだ.
後で知った事だがこのオールデンブルグという街は古くはあのトルストイの「戦争と平和」にも出てくるほどの有名な「侯国」、つまり君主がいた一つの国であって、劇場はその頃の君主の舘、まさにお城だったのだ.その後ずーっと後になってドイツに統合されて「ニーダーザクセン」州の主要な街となっていた.
劇場自身もしっかりした歴史を持っていて、現代オペラの初演がたくさん行われた場所として有名で、特にドイツの現代作曲家H.W.ヘンツェの有名なオペラの殆どはここで作られている.
そんな事とは知らない僕は、決められた時間の少し前に劇場のオフィスに着いた.小さな部屋を与えられそこで発声練習をしていると、ここで副指揮者をしていて、劇場で唯一イタリア語が話せるというイギリス人のピアニストが、僕の伴奏をしてくれるという事で顔を出してくれ打ち合せをする.まもなくして舞台に呼ばれて出てゆく.
舞台から客席を見るという機会は普通の人にはない事だろうが僕らにとってはこのアングルこそが劇場なのだが、出ていって目に飛び込んできたのは息を飲むような華麗な色彩だった.まさに先ほどの話ではないが、中世の君主の館の客間にでも通されたようなきらびやかさがあった.
しかし僕の知っている劇場に比べてなんと小さな空間だろうか.舞台の一番前を端から端まで歩いても15か20歩位しかないような、かわいい劇場だった.その舞台の前にはしっかりとオーケストラピット(オーケストラ用の穴)があり、舞台中央に立った僕のすぐ前にはプロンプターボックス(舞台上に空いた穴から顔を出して、指揮をしたり、セリフを叫んでくれたりする人の穴)までちゃんと備わっていた.
客席中央辺りに劇場支配人とその秘書らしき人、あとは他の指揮者とかの音楽スタッフなどが散らばって座っていた.オーディションの雰囲気は非常に和やかで、音楽監督がOKを出しているのだからという感じでお客様扱いで儀礼的に3曲ほど歌わせてもらった.<続く>

そうこうしているうちにホレンダー氏が立ち上がって話し掛けてきた.「Mr.小林、この方は今フランクフルトで指揮しているマエストロ、P.ショロットナー氏です.彼が貴方に大変興味を持って、今度のシーズンから彼が音楽監督をなさる劇場で一緒に仕事ができないかと言ってます.ついてはドイツにあと何日いられますか?」実際、僕の財布の中はミラノまで帰り着けるかどうかと、底を突き破った状態だった…「あ… あまり時間は無くて、早くミラノに帰らなくてはならないんですが」…バカ、それで壊れたらどうするんだ…でも本当に金もないし..
するとまたホレンダー氏と指揮者が話しあいをはじめて、今度は指揮者が立ち上がって出ていってしまった.やっぱり…と、少しして弱気の虫が起きかけた頃、指揮者がもう一度入ってきてホレンダー氏を呼び、僕の方を向いて「明日の午前中に劇場の方でオーディションを設定したので、一晩だけ泊まって残って下さい」と言ってくれた.もうこうなったら絶対ノーとは言わないぞ..と決めて「イエス!」と返事.
P.シュロットナー氏と何言かしゃべったがひどいオーストリー訛り(あとでわかった)でぜんぜんわからないまま握手だけは強く握りあったのを思い出す.少ししたら事務所に来てくれとホレンダー氏に言われて、あとで行って見ると、そこにはそれから1時間ほどで出る電車の切符と、書類が1枚それにホテル代と必要経費のマルク紙幣の入った封筒.
「ともかく駅からこの電車に乗って、着いたらこのホテルに泊まって、明日の10時にこの劇場に行って、劇場支配人他のオーディションを受けて下さい.音楽監督はもうOKを出していますから多分大丈夫だと思いますが、問題なかったら契約書にサインして、その足でミラノに戻られて結構です.早いですがおめでとう!」もう何が何だかわからなくなった.言われるままに差し出される何枚かの書類にサインして、ミラノの住所を書いて駅に向うべく外に出た.
やった!….と言いかけて、でもどこの劇場なんだろう?全然聞いた事のない名前なのだ…オールデンブルグ?って言ってたし、切符にもそう書いてあるが、フランクフルトからどっちにどの位行った、どんな町か、ともかく何もわからない.でもそこに行かなければなにもはじまらないのだと納得して夜7時過ぎの電車に乗り込んだ.北に行くのか、南か、西か?日本と違って電車の中には何も路線図などのインフォメーションはない.車掌に聞こうと思うがドイツ語はできない...
知らない土地で、さらに知らない宇宙の果てまで連れて行かれるような真っ暗な闇を走る電車の中で、不安だらけの僕は、疲れているのに頭だけはしっかり醒めてそのオールデンブルグという名前の駅に着く時刻をただひたすら待っていた.<続く>

ヨーロッパ縦断特急(TransEuropeExpress)に乗ってフランクフルトに着いた.劇場でオペラ歌手としての仕事を得る為には、劇場側のオーディションを受けなくてはならない.個人的に申し込んでも受け付けてはくれるが、大概は我々のような歌い手と劇場側の間を取り持つ大小のエージェンシー(代理業者)に頼む事になる.僕の希望は、ミラノのスカラ座でデビューしたとは言え、まだプロとしては仕事の経験が無いのだから、ともかく日本に帰らずにヨーロッパで歌う事だった.一番の望みはイタリア語のオペラをイタリア語で歌う契約を取る事である.ヨーロッパはどこに行ってもオペラはその書かれた原語で上演されていると思われがちだが、現実はその反対で、劇場の8-9割ぐらいはその劇場の建っている現地の言葉で上演されている.東京で「蝶々夫人」や「フィガロの結婚」が日本語で歌われるのと同じである.
不景気なイタリアには僕の歌う場所は見つからなかったのでドイツに来た.だからドイツに来た以上はかなりな確率でドイツ語で歌わなくてはならない事も覚悟はしてやって来た.ミュンヘン、ハンブルグ、ウィーンなどを始めとする10あまりの大都市の劇場では100%原語で上演しているのでそこが一番のねらいだが初心者としてはもちろん無理だ.ドイツの劇場圏はドイツとオーストリア、スイスなどが一緒になっているので、イタリアに近いスイスやオーストリアにゆくと、もうすこし小さな劇場でもイタリア語で歌えるというので、現実的な就職の狙い目はそこに置いていた.
フランクフルトの劇場のすぐ近くのエージェンシーのホレンダー氏にその辺を相談すると、早速その日の午後に劇場の大きなリハーサル室で歌を聴かせてくれということになった.
季節を言いわすれたが5月初めである.その時期はすでに大体の劇場は9月からのシーズンのオープンに向けて準備が終わっている頃なのだが、最後の調整の季節でもある.その最後の歌手を探したり、僕らとしては残り少ないポストを探すのである.
その日のオーディションは、そのエージェンシー用と、フランクフルトの劇場用のオーディションとを兼ねていたようで、15人ほどの歌い手達が集まっていた.一曲歌っただけで終わりの人もいれば、何曲か歌ってその後も長々と話し声が聞こえてくる人もいた.きっとああいう人は進展があって仕事にありつけるんだろうなあなどと考えているうちに自分の番が来た.ステージに出ていって簡単に名前と歌う曲名を告げ、伴奏の楽譜をピアニストに渡す.得意のオペラのアリアを一曲歌うと、真ん中の一番前で聞いていた方から「もう一曲なにかお願いします」.そしてもう一曲歌うと、今度はその方が後ろを振り向いてホレンダー氏とあと2,3人の方々と一緒になって、背を向けたまま話し合いをはじめた.お、これは良い兆候かも….と思いピアニストの方を向くと、そのピアニストが小さい声で「ちょっと、来て」と僕を呼んでいる.そばに行くと楽譜を僕に返しながらボールペンで楽譜の端に何かを書きつけ、小声で「Tu devi andare qui !」「君はここへ行かなきゃダメだよ」と言って笑いかけてくれた….? なんのことだろう?<続く>

母校くにたち音大の大学院を中退してイタリアはミラノの国立ヴェルディ音楽院に留学したのはもう30年以上も前になる.日本-イタリアの往復航空券が副賞だったコンクールに優勝し、さらにイタリア政府の給費留学生にも受かったからには、7人兄弟の6番目、大学でも奨学金を頼りに勉強していた身としては、一も二もなく大学院を中退してアリタリアの飛行機に飛び乗った.
あっという間に奨学期間も終わり音楽院はオペラ歌手コースでの2年目が過ぎ去ろうとしていた.政府からの奨学金は本当はそれなりの学生生活が送れる額ではあったのだろう.しかしミラノに着いてすぐにあの「オイルショック」、みるみる貨幣価値が下がり最初から奨学金だけでは食っていけない状況で勉強していた.最後にどこかのオペラ歌手コンクールで入賞でもして、それを手土産に留学を終えて日本へ帰るというのがその頃の留学のパターンで、帰れば日本ではすぐにでも舞台に立てた時代である.
音楽院での修了公演でオペラの大本山ミラノのスカラ座の舞台に立った.オーケストラやスタッフはみんなその大本山のプロ達であった.その頃から「本場イタリアにいながらその本場の劇場の舞台に立たずにどうしよう、まだまだ帰りたくない」という猛烈な欲求が生まれてきていた.しかし景気がどん底だったその頃のイタリアにどこにも外国人の歌手など雇ってくれるところはないとわかった時、どうにかしてイタリアと言わずヨーロッパの端っこでもいいから、劇場で歌う仕事につきたいと..一途に思うようになっていた.
7人兄弟6番目が23、4才ぐらいの息子を持つ親というのはもうとっくにリタイアの年齢であったし、イタリアへの仕送りも本当にギリギリのところから出ていた.でも親のスネなどカジれなくなったら本当になにも出てこないのだ.
2年で帰ると約束した留学期間がもうすぐ終わるという時、母親が鉛筆をなめながら書いた短い手紙と共に最後の仕送りが来た.「もう家も限界、情けないけどこれが最後です.帰りの飛行機代にして帰ってきて下さい.母より」とてもこっちに残りたいなどとは言えない.
でも何とか残りたい…と先輩達の話を聞くと、ドイツに行くと沢山劇場があって専属歌手の口もあるという.何としてでもその可能性にしがみつきたいと思うが沢山の障害があった.イタリアとドイツでは同じオペラでも全然違う、ドイツオペラなんてと、ふつうイタリアで勉強した人たちは軽べつする.僕もそうだった.そんな理想はこの際一時的に捨てたとしても、ドイツ語がしゃべれない…これは決定的問題.だがもっと決定的だったのは、試験(オーディション)を受けに行くにもドイツは遠くて旅費、宿泊費がない…これで万事休す、日本に帰るか?
でも僕は若かった、いや馬鹿だった.目の前に帰りの飛行機代があるじゃないか、、、でもこれ使ったら本当に日本に帰れなくなる…..よくわかってなかったが、そうなったらそうなったで大使館でも領事館でも駆け込むしかない…それで決心がついた.
劇場関係のマネージャーのいるフランクフルト行きの片道切符を買いミラノ中央駅から、着替えとオーディション用の楽譜を3,4冊抱えて、ヨーロッパ横断特急(TransEurope Express)の車中の人となった.<続く>