Blog TenorCup

ブログ倉庫1(2005/4-2014/10)

ここ何年か夏の合宿というと天気に恵まれず、大雨や、台風などにいつも遭遇してしまい、学生達を残念がらせていたが、今年は晴れた.2,3日前の天気図には沖縄の南に台風もあったが、それも中国大陸に向ってくれて、合宿に向う朝、車に乗る頃にはピーカンとなり、気温もうなぎ登りで今年一番の夏日になった.
8月5日は河口湖の湖上祭である.中央高速の大月インターのすぐ近く、大月市初狩町というのが僕の生まれた場所で、今でも実家があり93才のお母さんと2番目の兄家族が住んでいるが、それこそ子供の頃、毎年のようにこの時期になると、その実家から河口湖にいる親戚を訪ねては湖上祭に繰り出した思い出が残っている.その親戚では船を持っていて、夕方から繰り出し、涼しい舟の上から花火の上がるのを楽しむのが年中行事だったのだが、子供の僕にとっては、舟の揺れで気持ちが悪くなり、頭の上で轟く花火の爆発音が怖くて、お母さんにしがみついて泣きじゃくっていた記憶しか残っていない.
この河口湖の湖上祭の当日は高速道路も一日中渋滞が起こるので、それを避ける為、我々の合宿隊は朝7時前に出発.それぞれの集合地点から車4台に分乗して出発し、とりあえず八王子インターを入った地点で点呼.思っていたほどは渋滞していないようなので気楽な気分で一路、河口湖へ.スイスイと渋滞ゼロ状態で進み、河口湖に着いてみるとなんとまだ8時半である.
山中湖のペンションには12時頃到着予定であるから3時間を潰さなくてはいけない.我々のは音楽の合宿であるから雨だろうと台風だろうとインドアでレッスンは消化できるのだが、ここ何年かレッスンとレッスンの合間の遊びや、外でのレクレーションが悪天候で十分にできなかったので、今回はこの機会を逃さず、最初から予定変更して富士五湖巡りをすることにした.真っ青な空の下、窓を開け放した4台の車が連なっての快適なドライブで、お金のかかる風穴や氷穴は横目で見て通り過ぎ、樹海の中を抜けて静かな西湖の畔に.ここは僕の大好きな場所の一つ.静かな湖畔のカフェのテラスに陣取って、涼風を体中に受けながら、夏空と湖の青色とそれに挟まれた深い原始の緑色のキャンバスの上、湖上のウィンドサーフィンや釣り船の意外に緩慢な動きを目で追うだけの時間.下界を離れた時間の止まった世界がここにある.
親しい友人だった映画監督の相米慎二とつるんでよく富士山麓にゴルフに来た.ガンで亡くなる前の夏だったか、やはりそんなゴルフの後、いつも行く山の中の隠れ家のレストランには行かず、僕の思いつきでこの西湖畔に来てこのカフェのテラスを見つけてビールを飲んだ.今日は夕方東京で用事があるから…と朝から言っていた相米が急に携帯を取り出して夕方の用事をキャンセルしたのを思い出す.あの時の相米の眼鏡越しの視線、俗社会から完全に遮断された理想のロケーションを値踏みする映画監督の鋭い視線に混ざって、自分の生まれた故郷に戻ってきて喜んでいるような少年の目の輝きがあったのを妙に憶えている.その時以来、富士山麓でのゴルフの後はよくここに足を運んで、僕らは静かに時間を過ごした.相米が一番似合う場所だった.0そのカフェの前で全員で記念撮影をして、ずーっと西湖を一回り、一番奥のキャンプ場近くの畔で小休止.湖に流れ入る小さな川におたまじゃくしを見つけて、子供に混ざって取ろうとみんな頑張るがなかなかうまく行かない.そこは昔の少年に任せなさいと、すくい取って見せると学生達は目を丸くしてびっくりする.向こうの端では他の学生達が湖水に向って石を投げて「水切り」をしようとしているがうまくゆかない.先生できますか?というから、投げて水を切って見せると「すごい!」と大受け.僕らの年代には少年の頃の遊びの財産がまだたくさん残っているのがわかってなんか楽しい気分になってきた.
再びそこから車に乗ってそろそろと山中湖に向う.バイパスで向うと、富士急ハイランドの辺から浅間神社を越えて忍野の入り口付近までは渋滞がいつもあるので、ナビゲータとしては富士桜を抜けての近道を選択.鳴沢CCの下から入り、富士レイクサイドCCの横を抜け、5合目に行く富士スバルラインを横切って、浅間神社の裏を降りてきてバイパスに合流する.
山中湖で合宿する前にはこの浅間神社の横の森の中のペンション兼レストランで合宿し、富士レイクサイドCC横の素敵な八角形の別荘兼音楽ホールを借りてレッスンをしていた.今回参加のOBの中にはよく憶えている者もいて、車から乗り出して「ここ、ここ!」とかアピールしていた.
浅間神社からのバイパスも予想したほど渋滞してはいなくてスイスイと山中湖畔に.左回りで狭い湖畔の道を平野に向かい、11時過ぎには山中湖平野のペンション「シルバースプレー」に到着.現地集合の3名もすでに到着している.去年もおととしも見る事のできなかった富士山がペンションのテラスの向こうに大きく見えて、合宿・晴バージョンの始まりである.<続く>

No Comments :(

Comments are closed.