Blog TenorCup

ブログ倉庫1(2005/4-2014/10)

8月始めの山中湖、平野地区は学生合宿のメッカである。八ヶ岳・清里の軟派系の学生達と違ってここは体育会系、テニス、サッカー、野球その他考えられる限りの体育会クラブの合宿で混みあっている。そんな状態なのに我々の世話になるペンション「シルバースプレー」さんは 20数名の我々のグループだけで貸切りにしてくれた。山中湖のペンションとしては決して大きい方ではないが、夏の一番のかき入れ時に詰め込めば我々の他にまだ10名位は泊まれそうである。
そんな願ってもない状況を作ってくれたオーナーに感謝しながら部屋に荷物を入れ、さっそく昼食。富士山を見ながら美味しいハヤシライスをいただいく。
小休憩の後は、2日間のマラソンレッスンの会場になるスタジオにみんなで移動する。実は3年生のバリトンの堀内クンの実家がこの近くで大きなペンションをやっていて、彼が1年生の時は合宿もそのペンション「ほりのや」さんにお世話になった。ただ我々のような2、30名の音楽の合宿をやるには、ほりのや常連の他の大きなスポーツ団体やブラスバンドなどとのギャップが大き過ぎてうまく共存できないので、次の年から堀内クンのお父さんが考えて下さり、こじんまりとした「シルバースプレー」さんを紹介してくれたのだ。でも我々の合宿の大きなポイントはほりのやさんの持っているこの練習会場であって、他に泊まりながらもここに通ってレッスンする。ここはある有名な写真家の方の撮影スタジオだったものをほりのやさんが買い取り多目的に使っているのだが、我々のようなステージを想定したオペラの練習には最適な広い空間で、最初の年に借りて以来毎年使わせてもらっている。国道から脇道に入り、凸凹道を砂埃を上げながら進み、小学生たちが大声を上げながらボールを追いかけているサッカーコートの横を抜けるとスタジオに着く。スタジオらしい搬入口の大きな鉄扉の前に車を並べて、その横の小さなドアからスリッパに穿き替えて中に入る。最初のレッスン組の生徒達が大声を上げて発声練習をしながらセッティングしている。優に二階家が入るほどの天井の高い空間が気持ちいい。リノリュームの床に素足で触れながら、みんなでたくさんある窓を全部開け放す。縦長のスタジオの奥を開け放すとそこはテラスになっていて、その先は緑の芝生で、これまた外光での撮影用なのか気持ちの良い洗練された空間が広がっている。芝生の回りは板塀と背丈ほどの木を並べて外界からの視線と音を遮断しているので、窓を開け放しても練習できるので快適なのだ。びっくりしたのは去年までちょっと古くて大変だったアップライトのピアノのかわりに、なんと今年はグランドピアノが入っていました。もうこれ以上無い条件になっていやが上にも練習に気合いが入ってくる.
さっそくの一番バッターは1年生の「フィガロの結婚」から。一年生はまだ声の適正というか、どういう声であるかというのがわからないので4人いるソプラノを2人づつにして、各々キャラクター、声の違う役を歌ってもらう。曲自身は簡単な曲なので、オペラというものを知るために、このオペラの台本を読んでもらい理解して、自分達で役柄やシトゥエーションを考えて動けるよう指示しておいた。教えることは山ほどあるのだが、一年生にはドラマ、セリフにあわせて動きながら歌うことをはじめて体験してもらいながらも、声で歌う歌の中ですべてを表現しなくてはならないという一番大事な事を教えてゆく。午後1時半からはじめた練習はこうやって一年生の簡単な二重唱組から上級生へ、さらにはOBを混ぜた大勢のアンサンブルへと基本的には休み無しで続く。出番の無い者達はスタジオ内のあちこちで好きな姿勢で聴講している。自分の課題の楽譜を眺めながら準備している者もいる。スタジオの入口から入った手前左に階段がありそこを昇るとガラス張りの小部屋があり、そこから下のスタジオ全体が俯瞰できる。東京芸大の大学院に進んだOBのバリトン・岡クンが好きな場所のようだ、そこから身を乗り出して猿の様な姿勢でずーっと練習を見ている。学生達は普段大学のレッスン室で先生と2人きりでの個人レッスンなので、あまり他の人がどんな声をしてどんな歌を歌うのか知らないので、こうやって仲間たちの歌を聞くと非常に刺激されお互いに頑張りだす。ましてや卒業したOB達がそれなりに大人の声でしっかり歌うのを聞くと、すぐ尊敬の眼差しに変わって目が輝いてくる。
今日、一日目のレッスンは最初、午後の3時間と夕食後の2時間という予定だったが、スタジオがどうしても夜使えないということで急遽変更して、午後のレッスンをそのまま7時半まで続けて、夕飯を遅くしてもらうことにした。
というわけで6時間のマラソンレッスンの最後は昨年卒業したOBのソプラノ・佳奈チャンのアリアのレッスンになった。彼女は明るい性格と人並外れた頑張りやさんでクラスの中心だったが、卒業にあたっては外国でのさらなる勉強環境を求めて、アメリカやニュージーランドなどに短期留学をしては自分の勉強場所を探していた。卒業以来歌は聞いていないので心配していたが、今回聞いて安心した。少し体が大きくなった分、学生時代より声が落ち着いて大人びてきて良くなっている。お父さんの会社を手伝いながらも歌のレッスンはしっかり受けていて、また近々留学も予定しているようだ。目標を持って頑張っている事が分かってうれしくなった。
長いレッスンが終わりみんなでペンションに帰る。遅くしてもらった夕食の準備が整っているのでさっそくみんなで待望の夕食。ここ「シルバースプレー」の食事はとても豪華で美味しく量も多いのが特徴で、大きなお肉にみんな目の色を変える。今日一日強行軍のスケジュールだったし、明日のレッスンもあるので、みんなアルコールも控えめにして部屋に戻る。いつもだとここから近くの温泉にみんなして繰り出すのだが、夕食が押したために今日は無理。さっとシャワーを浴びて、バタンキュー!

No Comments :(

Comments are closed.