Blog TenorCup

ブログ倉庫1(2005/4-2014/10)

すっかり雨男の返上に自信を持った僕は、夜半の雨も気にしないで、早朝5時半に目覚めてシャワーを浴びゴルフウェアに着替えてすっかり臨戦態勢。「大丈夫かな、雨?」とか言いながら渋々起きて来たY氏を急がせて二人で納豆ごはんをかきこむ。西コースに着いてみると係の人が2、3人いるだけ。バッグをカートに積んでもらって早速スタート。
まだ6時半過ぎである、体も頭も半分以上眠っている状態でまっすぐ飛ぶはずもなく、案の定まるで初ラウンドの初心者のように右に左に駈け回る。ゴルフ場まで3分と近過ぎるのも考え物だ。
駆け回ったのが良かったのか4ホール目ぐらいからなんとか方向性が出てくる。昨日の久し振りのラウンドでうまくいかなかったポイントを考えて、左の肩を高く柔らかく構えて、左の壁で詰まらないようにフィニッシュを心がけはじめたら、ドライバーがすっかり見違えるように直って、バック・ティーから打ってほとんどIPポイントの旗の周りに集まるようになって乗ってきた。
あとはパットだが、これも速いグリーンで慣れていた打ち方が、微妙なところでインパクトの無い擦るような打ち方になっていしまっていたので、直せると思ったのだが、頭で直すだけではまだ2、3回ごとにミスをするので、もうちょっとラウンドを重ねないとスコアは戻って来ない。
9ホール終わってまだ8時ちょっと過ぎたばかり、これから後ワン・ラウンド位回るとすっかり調子が戻りそうなので続けて行きたいが、ここは男の約束、昨日の負け分の半分ぐらいをY氏から取り戻したので良しとして、山口プロのスタートが迫るトーナメント会場の北コースに向かう。車を近い駐車場に移動してそこから歩いて急ぎ、入口付近の混雑をプロから頂いたファミリー・パスの威力でクラブハウスを通り抜け突破。

ちょうどスタートの一番ホールに着いたとき山口プロの名前がコールされて、ティーグラウンドに上がるところだった。
「ナイス・ショット!」、我々二人の来ているよ!という主張を込めた声に乗ってボールははるか彼方のフェアウェイ上、やや左のベストポジションに。さっそくプロ達はフェアウェイを歩きだす。一方この組に付いて回る我々を含んだ10人ほどはロープの張られた外を並んで歩きだす。
いろんなプロを探しながらあちこち飛び回ったり、あるホールで待ち構えて定点観測したりと観戦のしかたは様々だが、今回のような一人のプロに付いて18ホール回るのは初めてなので面白い。
びっくりしたのはプロ達の歩きかたの早いこと。僕等も自分達がラウンドするときの歩き方には気を付けてリズム良く早く歩こうと思ってはいるがなかなか彼女達ほどには歩けない。このへんを見ただけでも、ゴルフがまさにスポーツで、鍛えられた足腰が必要なものだとはっきり理解できる。
2アンダーでスタートした一番ホールでいきなりバーディー!幸先の良いスタートにY氏は「あのバーディーに僕の料理のエネルギーが貢献したと思うと毎年やめられないね!」と入れ込む。
2番ロングホールは3人ともスリーオンしてのバーディチャンス。山口プロのファーストパットは横を通り過ぎて1.5mもオーバー。最後に慎重に狙ってしっかりパーセーブ。
2 日目のビッグスコアのきっかけにしようと狙ったんだろうね?というのがアマチュア二人の感想だったが、後で本人に聞いたら「特別狙っていったわけではないんですが、インパクトが強く出ちゃったんですよ、あれで3パットしていたらプッツンしてたかもしれません」。我々が考えるほどイケイケの雰囲気ではなかったようだ。
その後、堅実にプレーを続けて行くがバーディーパットが入らないうちに、少しづつ我々にも分かる感じでショットの切れが無くなってきた。

一方やはり一番ホール、バーディで発進した同伴競技者の大場美智恵プロが素晴しいプレーを展開しはじめていた。朝のティーショットから一貫してすごく気持ちよさそうにスイングしているのが印象的だったが、難しい6番のあと、9番でも確実にバーディーを取って5アンダー。一方相性が良いとY氏が言った通りの8番でのバーディの直後に9番で痛恨のボギーを叩いた山口プロは3アンダーでの前半終了。

折り返しての後半、インの9ホールで、二人の明暗がはっきり分かれた。ふっ切れたショットをしながら全然ミスの無い大場プロはただ来るチャンスを待っていれば良かった。全てが噛みあいだしているのがロープの外からもはっきりと見えた。体全体にオーラのようなものまで感じられる。13、14、15、16と4連続バーディ。それも16番は2オンしてのイーグル逃しのバーディーで、この日だけで7アンダーである。こういう状態の人と一緒に回るのも一種のバッドラックかもしれないと思った。
山口プロも後半はショットが戻りだし13番ロングでバーディー。しかしぴったり大場プロについていけるかと思った14番でなんとドライバーを左にミス。木の後で打てずに出すだけで3オン。結局ここでも9番と同じ様に大場プロのバーディに対してボギーを叩いてしまった。
17、 18と二人ともスコアを伸ばせず終わって大場プロが9アンダー、山口プロが3アンダーでフィニッシュ。予選突破は問題なくクリアしたが結果的にこの日トップは15アンダーまで伸ばしたので優勝争いにはちょっと遠い位置に終わったのがかなり残念だ。しかし今日は71で回ってスコアを伸ばしているわけだから別段悪いラウンドだったわけではない。
ほとんどのプロ達がこういう高いレベルで戦っていて、スコアが動き順位が上下するのはほんの微妙な流れや、ラックなどからだと思うとつくづく難しい競技だなと思う。大場プロのような理想的なラウンドをした後でも、それが次の日のスコアを保証するものではないというのをみんな知っているから、ラウンド後にもみんな憑かれたように練習をするんですね。

No Comments :(

Comments are closed.