Blog TenorCup

ブログ倉庫1(2005/4-2014/10)

毎年恒例の小林門下の声楽発表会(コンサート)がいよいよ来週に迫った。
大学のカリキュラムの大幅な変更によって、1、2年生の主科(声楽)に対する真剣さが増して教室内は活気に満ちている。夏の合宿から出始めた積極的な演奏態度がやっと内容ににじみ出てくるようになったのが楽しい。
秋からは、合宿までとがらっと変わった課題を各々に渡し、こまめに一人一人の歌、声を探り探りレッスンしてきた。
以前のようにあまり細かく手取り足取りはせず、型にはめようともしないで、自分で考え、自分で動き出すよう我慢しながら教えてきたが、少しずつだが成果に表れて来つつあるのを感じる。
29日の発表会は、昼前から会場でリハーサルをし、ほとんど休み無しで17時30分から本番が始まる。
前半の第一部は1、2年生のステージ。1年生が5人(ソプラノ4 + バリトン1)、2年生が2人(ソプラノ、バリトン)の計7人が、各々ソロの曲を1〜2曲歌って、その後は2人ずつになってオペラの二重唱を歌う。今年はバリトンが2人いるので女性達も一年時から男声との二重唱が歌えて近年になくラッキーである。総じてこの1、2年生達は声も良く出て感性も豊かで非常に楽しみな学年である。
短い休憩を挟んでの後半、第2部は、3、4年生プラス卒業生のステージとなる。3年生は8人(ソプラノ4 +テノール3 +バリトン1)、4年生が3人(ソプラノ3)、それに最近の卒業生が4人(ソプラノ3 + バリトン1)の計15人。こちらもソロの曲とオペラの重唱をやるが、曲も長く難しいものになり、1人何曲も歌うので、演奏時間はかなり膨大になってしまう。前半の1、2年生達のステージが約1時間と計算しているのに対して、後半は3年生のソロだけで1時間、4年プラス卒業生のソロとオペラ重唱6曲で1時間40分程の計2時間40分もかかる計算で、前半と合わせて3時間40分、休憩を入れて、計算通りに行ったとして21時30分の終演の予定である。内容も盛り沢山である。特に最後のステージのオペラ重唱では、演技をしっかりつけた「ヘンゼルとグレーテル」、「セヴィリアの理髪師」などから、小林門下としては初めて「トスカ」からの二重唱、「ボエーム」の4重唱などかなり本格的なプログラムになっている。アンコールで4年生を囲んでのフィナーレを歌い終演となりホールの締め出し時間ぎりぎりで記念写真をとり、後片付けを大急ぎでして追い出されるようにして打ち上げ会場に直行するのがいつものパターンだ。驚愕することだが今年は1人も落ちこぼれなく順調に成長して来てくれたので、この発表会での演奏がとても楽しみである。
11月29日(火)の17時30分開演、「東大和市ハミングホール・大ホール」(西武拝島線「東大和市駅」か多摩都市モノレール「上北台駅」から、042-590-4411)にて『入場無料』

No Comments :(

Comments are closed.