Blog TenorCup

ブログ倉庫1(2005/4-2014/10)

今日は朝から晴れ上がって五月晴れ、やっと連休らしい雰囲気になってきた。
朝の散歩に出るとすぐ近くを走る中央高速高架の下り線のフェンスに沿って車やバスの上半分だけがほとんど止まった状態で都心方向まで連なって見える。
今年は春先に仕事の方が忙しくなったせいで、計画も立てられずに連休に突入してしまった。
4月の中旬には毎年恒例のゴルフ、パブリック選手権の予選に出るべくエントリーしていたのだが、仕事のせいで前日にドタキャンしてしまった。
本来ならその時に仲間と一緒に山小屋に泊まって騒いで一挙に活動的になって連休から夏へ飛びこむのだが、今年は今日のように天気が晴れ渡ってもまだぐずぐず家で書類作りなどしている。
来週は母の日だし八ヶ岳の兄貴夫婦にも会いたいし、なんとかして飛び出そうと思っていたら昨日の夕方、勝沼の従兄弟夫婦から大きな荷物が届いた。
勝沼の葡萄郷を見下ろす絶景の場所で昔から葡萄園をやっているのだが、去年久しぶりに遊びに行って旧交を温め、秋にはそこの長男の結婚式に招待されて歓待を受けた。
それから季節が変わると果物や野菜を送ってくれるようになったのだが、今回は開けてびっくり、ふたつの箱は取れたてのキウイフルーツで一杯。
市場に出せるような大玉のきれいなものともぎたてでヘタや葉の付いた不揃いなキウイがこれでもかと沢山入っている。これで当分我が家のビタミンCは大丈夫。さっそく一つかじってみると、新鮮なスッパさが口一杯に広がり、山の空気や土の香りが一挙に浮かびあがって来た。
もう一つの重たい大きな箱には一升瓶のワインが何本も詰まっていた。昨年夏に仲間たちと押し寄せたときに飲ませてもらった勝沼の白の地ワインだ。
いわゆる我々が有難がって栓を抜く高級なワインと違って、特別美味しいというわけでもなく、香りが良いというのでもないのだが、ワイワイやりながらダラダラと飲むのにはちょうど良い、軽いテーブルワインである。あの時みんなで昼間から騒いで酔っ払って「これ美味しいよね、最高!」などと大声でしゃべっていたのを聞いていて送ってくれたようだ。
しかしこの一升瓶を何本も女房と二人では空け切れない。2本位取って、あとは去年の仲間たちにさっそく送ってあげようと思う。
娘二人は例によって連休に親達などにはつき合ってくれないので、今やっている書類作りに目鼻が付いたら女房と二人、窓から高速の混み具合を見計らいながら八ヶ岳に繰り出す。
ワインの一升瓶を一本、キウイを一山抱えて車に乗る。込具合を見ながら、大月のお袋のところと勝沼には行きか帰りかどちらかで寄ってくる。八ヶ岳の兄夫婦はいつ行っても気持ちよくつきあってくれるので、一緒に蓼科や諏訪の方に遠出するのも良し、去年見つけた山小屋の近くの紹興酒のカメ酒の飲める中華料理屋でダラダラと過ごすのも良し。空いているようだったらゴルフもして体を動かしてみよう。帰りは日曜か月曜か、これも高速の混み具合と天気次第だ。
以上、5月3日連休初日午前11時30分現在

朝7時半スタート、千葉を抜けた先の茨城のゴルフ場でのコンペ、車がない状態の今の自分を心配してくれた友人の吉田氏と前夕から成田に行って泊まった.吉田氏はこのところダイエット中で昼飯は毎日、立ち食いそばだと言う.私は、車が電車通勤になり移動に時間とエネルギーを以前よりも沢山消費するようになったのだが、大学での授業、レッスンは夕方以降の都心などへの用事の為の移動を想定して超過密にしてあるせいで、相変わらず昼飯抜きの状態が続いていて、胃袋がかなり小さくなってきている.そんな二人の意見の一致したのは、夕食が大切で、沢山はいらないが、美味しいものをこだわって味わいたいという点であった.全日空成田ホテル13Fのスカイダイニング「彩風」はそんな吉田氏がインターネットで検索して、おもしろそうだという事で、顔を出してみる事にした.13階から成田の滑走路の方を見渡す広いパノラマを楽しみながらの非常にゆったりとした空間が穏やかで豊かな時間を作ってくれている.「季節折々の旬の食材を和食と洋食を融合させた、シェフオリジナル創作料理で」といううたい文句のとおり、メニューには和と洋の非常に沢山の料理が並んでいた.ビールで空きっ腹を刺激しながらも、すぐにお腹を一杯にしたくないので、3品ほどのオードブルの他に、和牛肉のステーキ/活伊勢海老のソテー/活鮑の蒸し焼きなどがワンプレートに乗ってくる「よくばりディッシュプレート」(ファースト)¥9,240-をお願いして二人でつつく.さてワインを、と考えるのだが、こういう時は「ハウス・ワイン」とお願いして、お店の基本的な品定めをさせてもらうのも最近憶えた楽しみ方の一つだ.ミディアム・ボディのどんな料理にも違和感のないような赤が出され、本来、美味しければ何でもいいと思う二人ともに、その飲みやすさに銘柄などを記憶に留める事を忘れてしまった.ただそのワイン選びのうまさが料理にも繋がっていた.
メニューを見ても特別びっくりさせるような仕掛けはないのだが、よく見てみると和と洋の考え込まれた品目の多種さが目に付き、一見、ファミリーレストラン風かな..などと心配したのだが、出てきてみると料理のその中身の繊細で本格的な味作りや、また和と洋がしっかり並んでいながらもそれぞれの料理が他の料理と程よく喧嘩せずに楽しめるように味作りされているのには二人してびっくりした.
昼間疲れて小さくなった僕らの胃袋には、量はそんなに要らず、一品一品に込められた、丁寧な味作りやかくし味などをみつけながらリラックスした時間を楽しめたと感じた時、ああ美味しいお店だなと思った.個人的な最後の締めとして、メニューにはないのだが、大好きなアスパラがあったらとお願いして茹でてもらう.ワインを二人で2本空けた頃に、そっと後ろにシェフらしき方が来てくれた.以前はフランス料理だったというシェフの長島正宏さんと気さくに話ができたのも楽しかった.
明日がいくら早いゴルフでも寝るのには早過ぎるので、バーに移動してなどと考えるのだが、ここではそのままバーのカウンターに移動できるというので、これも我々には大いに受けた.
夏休み中にでも家族連れで和・洋のオリジナル・コースなども楽しめるような空間を見つけたようだ.
*全日空成田ホテル 13Fスカイダイニング「彩風」: 286-0107 千葉県成田市堀之内68番地  0476-33-1311