Blog TenorCup

ブログ倉庫1(2005/4-2014/10)

我が家の新米、マリンちゃんの成長アルバムMarin or Goo !を開設してリンクに追加しました。

画像を直接クリックしてもアルバムにたどり着きますのでどうぞ訪れてみて下さい。
スライド・ショーにして見るのが楽しいですよ!

山梨は笛吹町のボランティアさんのお宅での初写真から、東京での新しい家族、お父さんお母さんにお姉ちゃん2人、それにカメやインコとのご対面と続きます。

続々写真は増えてゆきます。

 

今日は朝から晴れ上がって五月晴れ、やっと連休らしい雰囲気になってきた。
朝の散歩に出るとすぐ近くを走る中央高速高架の下り線のフェンスに沿って車やバスの上半分だけがほとんど止まった状態で都心方向まで連なって見える。
今年は春先に仕事の方が忙しくなったせいで、計画も立てられずに連休に突入してしまった。
4月の中旬には毎年恒例のゴルフ、パブリック選手権の予選に出るべくエントリーしていたのだが、仕事のせいで前日にドタキャンしてしまった。
本来ならその時に仲間と一緒に山小屋に泊まって騒いで一挙に活動的になって連休から夏へ飛びこむのだが、今年は今日のように天気が晴れ渡ってもまだぐずぐず家で書類作りなどしている。
来週は母の日だし八ヶ岳の兄貴夫婦にも会いたいし、なんとかして飛び出そうと思っていたら昨日の夕方、勝沼の従兄弟夫婦から大きな荷物が届いた。
勝沼の葡萄郷を見下ろす絶景の場所で昔から葡萄園をやっているのだが、去年久しぶりに遊びに行って旧交を温め、秋にはそこの長男の結婚式に招待されて歓待を受けた。
それから季節が変わると果物や野菜を送ってくれるようになったのだが、今回は開けてびっくり、ふたつの箱は取れたてのキウイフルーツで一杯。
市場に出せるような大玉のきれいなものともぎたてでヘタや葉の付いた不揃いなキウイがこれでもかと沢山入っている。これで当分我が家のビタミンCは大丈夫。さっそく一つかじってみると、新鮮なスッパさが口一杯に広がり、山の空気や土の香りが一挙に浮かびあがって来た。
もう一つの重たい大きな箱には一升瓶のワインが何本も詰まっていた。昨年夏に仲間たちと押し寄せたときに飲ませてもらった勝沼の白の地ワインだ。
いわゆる我々が有難がって栓を抜く高級なワインと違って、特別美味しいというわけでもなく、香りが良いというのでもないのだが、ワイワイやりながらダラダラと飲むのにはちょうど良い、軽いテーブルワインである。あの時みんなで昼間から騒いで酔っ払って「これ美味しいよね、最高!」などと大声でしゃべっていたのを聞いていて送ってくれたようだ。
しかしこの一升瓶を何本も女房と二人では空け切れない。2本位取って、あとは去年の仲間たちにさっそく送ってあげようと思う。
娘二人は例によって連休に親達などにはつき合ってくれないので、今やっている書類作りに目鼻が付いたら女房と二人、窓から高速の混み具合を見計らいながら八ヶ岳に繰り出す。
ワインの一升瓶を一本、キウイを一山抱えて車に乗る。込具合を見ながら、大月のお袋のところと勝沼には行きか帰りかどちらかで寄ってくる。八ヶ岳の兄夫婦はいつ行っても気持ちよくつきあってくれるので、一緒に蓼科や諏訪の方に遠出するのも良し、去年見つけた山小屋の近くの紹興酒のカメ酒の飲める中華料理屋でダラダラと過ごすのも良し。空いているようだったらゴルフもして体を動かしてみよう。帰りは日曜か月曜か、これも高速の混み具合と天気次第だ。
以上、5月3日連休初日午前11時30分現在

昨日の日曜日、今年一番の寒さで目覚めると、天気予報も山沿いは雪と言っていた。
八ヶ岳の山荘、9月末に行ったまま足が遠のいているが、本格的な冬の前に水周りの処置をしてこないと、水道管が凍って破裂したり、トイレが使えなくなったりなど年越しから正月、スキー等で使うときになって大変なことになってしまう。例年だと11月の始めに一日取ってそれらの処置をしにゆくのだが、今年は温かい日が続いたせいもあって延ばし延ばしにしてしまい、ついには12月に入ってしまった。
山は雪になりそうなので、女房の四駆(CRV)を借りて1人で昼前に出かけた。山の方に車を向けると、山小屋の作業の他にもいろいろ溜っていた用事を思い出してくる。大月の実家に寄って11月に退院した母親の顔を見る事。勝沼の親戚の葡萄園には、宅急便で送れないので取りにくるようにと言われている葡萄液を取りに寄ること。さらには武川村に住む画家の兄夫婦に会って、途中で投げ出してしまった山荘の玄関前の整備作業や物置作りについて相談すること等々。
ひさしぶりのリラックスしたドライブは楽しい。気温は低いが日曜にしては車の少ない中央道を少し眠たげに進む。甲府を過ぎたあたりからフロントガラスが小雨で湿ってきた。そして予想した通り、双葉SAを過ぎ、須玉ICと長坂ICの間の峠を上がった途端から雪模様となる。初雪だ。おもわず駐車帯に車を止め携帯で高速道路を流れる車列に沿って降ってくる今年の初雪を撮る。インターを降りて山小屋に向かう途中から雪はどんどん本格的になってくる。ちょうど紅葉の終わったばかりの樹々、田畑に初雪がいい感じで降ってくる。
オレンジ色の大きな実を重たげに実らせた道端の柿の木に雪が吹き付ける様に魅入られ、しばし芸術写真家か画家になっては、絶妙の構図と、紅葉のグラデーションをバックにした柿のオレンジと雪の白の混ざりあいを楽しむ。

山小屋に分け入るアプローチから真っ白で、そこに車の轍を付けながら到着。夏にペンキを塗ったベランダの深い茶と緑の色が大粒になって来た雪のカーテン越しにとてもきれいに見える。
こうやってひさしぶりに山に来てみると、わずか1ヶ月半か2ヶ月のブランクだが、空気や温度の違いもさることながら改めて取り巻く自然の持つ色や、そのバランスの美しさに感動する。
都会人の習性でついつい先を急いでしまったが高速の駐車帯でも、柿の木の道端でも、そして山荘の正面に止めた車の中でも、そのまま飽きるまで目の前の自然が創り出す名画を楽しんでいたかった。

春の暖かさに誘われて、正月いらいのゴルフに出かけて来た。山梨は富士山のすぐ近くのゴルフ場なのに、何故か肝心の富士山は近くの山の影になって全然見えない。でもまあ天気はいいし、山の空気も美味しいし、あとは久し振りのティーショットが上手くいけばなんて思いながら、クラブハウスから出る。そこに写真のようなみごとなコブシの花、大木を見つけ、おもわずパシャ!今日はゴルフは口実にして、花見と洒落込もう!

昨日いきなり全国的にマスコミが「おおつき、おおつき!」と叫んでいた.
何かと思ったら日中の気温が4月としては記録的な30.2度に上がったのが山梨県大月市という事だが、実は僕の生まれ育った甲州街道の宿場町である.
これ以前にも何度か同じような気温の高い現象で「おおつき」と叫ばれた事があるが、その他で全国区を張った僕にとっての一番の記憶は、もう大分経つが羽田を発って大阪・伊丹に向かった日本航空機がダッチロールを繰り返して秩父山中の御巣鷹山に坂本九ちゃんや阪神球団社長を始め沢山の人を乗せて墜落したあの事故です.あの時の一番記憶に残っているフレーズが「大月市上空にてダッチロールを繰り返し…」というものだった.
坂本九ちゃんは2度ほどであるがNHKのTVや公開番組でご一緒した事があったり、僕自身が熱烈な阪神ファンだった(?)頃だったりしたので、自分の故郷の上空でいきなり起こった大惨事に何日も口を開けたまま絶句していたような記憶がある.
実際の大月という町は本当に平凡で小さく貧しい町です.甲州街道と言っても切り立った山と山の狭い間を流れる細い川に沿って張り付いたような部落の連続で、冬は寒く、夏は暑い…とても我慢のしがいのある地形なんです.だからか経済界では全国区な人がたくさん出ていて、それは一説には、冬寒くて夏は暑いし、一日の内でも朝すごく寒くて日中になるとものすごく暑くなる…という、非常にめりはりの効き過ぎたというか温度差の激しい土地なので、非常に頭脳明せきな人間を作り出すのだ…なんて解説する人もいるくらいで、阪急電鉄や宝塚の創始者、小林一三氏を始めとしてNEC日本電気会長だった小林宏治氏などもここの出身である.
昨年夏、NHK-BSの番組収録で久しぶりに地元に帰った.自分の故郷自慢をする「山梨だよ、私の太鼓判!」という番組で故郷に帰ったのだが、いざとなると本当に全国に自慢するようないわゆる「スポット」がなくて困ってしまったのだが、最後には平々凡々と田舎田舎した何もないのが一番の自慢かもしれないと思えてきて、全然顧みなかった「故郷」が急に宝石のように重く感じた夏だった.
東京で故郷の名前を聞くと胸の何処かで何か音がする.